ニュース&トピックス

■アジアを代表するカジノエンターテイメントシティ

アジアで有名なカジノといえばマカオを思い浮かべる方も多いと思いますが、これから最も注目を浴びるカジノシティはマニラといっても過言ではありません。現在マニラでは4つの統合リゾート(IR)が営業しており、同エリア初のIRでもある「リゾート・ワールド・マニラ」が2011年にオープンをして、その後は2013年3月に「ソレア・リゾート&カジノ」、2015年2月に「シティ・オブ・ドリームズ・マニラ」、そして2016年12月には「オカダ・マニラ」がオープンしました。まさに今が開発真っ最中のカジノエリア、今後の街の開発、発展から目が離せません。

実はフィリピンでは16世紀からカジノ産業が存在しているほどカジノが受け入れられている国で、国によりカジノを管理して政府資金を増やすことを目的に「フィリピン娯楽ゲーム公社(PAGCOR)」も設立されています。PAGCORの参加としてカジノを運営している企業も多く、メトロ・マニラ内だけでも20以上のカジノが存在しているのです。

約85ヘクタールの巨大な土地で見渡す限りの建設ラッシュとなっているこのエリアは「エンターテイメントシティ」と呼ばれ、カジノ施設をはじめ、高級ホテル、ショッピングセンター、文化複合施設、アミューズメントパーク、スポーツスタジアム等ができる構想になっており、約150億ドルが投資される予定になっています。現在は3割ほど完成といった様子で、まだまだこれから開発が進められていく大型都市開発プロジェクトですが、2019年にはホテル・オークラやウェスティン・ホテル等が入る「ウェストサイド・シティ・リゾート・ワールド」がオープンを予定しているなど、海外の投資家からも非常に注目されているエリアとなっています。

カジノエリアの近隣にはアジア最大級のショッピングモール「モール・オブ・アジア」もあり、日々の買い物客の数は20万人以上とも言われています。消費が旺盛なフィリピン人がこれから金銭的に余裕が出てくると、このエリアはさらに盛り上がることになりますし、海外からの注目をさらに集めればより多くの外国人がマニラにやって来ます。

PAGCORは、同エリアが完成すればマカオを超える規模のカジノシティになり、「アジアのラスベガス」になるだろうと今後の可能性に期待が持てる意気込みです。

 

アライアンス・グローバルは、子会社であるグローバル・エステイトリゾーツ(GERI)がボラカイ島のカジノ・プロジェクトに参画していることを発表した。

フィリピンの公営賭博会社フィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミングは、マニラ首都圏の統合カジノリゾート(IR)「リゾーツ・ワールド・マニラ」のボラカイ島での営業計画を承認している。リゾーツ・ワールド・マニラは不動産開発会社メガワールドが運営する「サボイ・ホテル」内でのIR開業を2014年に申請しており、今回の承認を受けて、早ければ4カ月後の開業を目指している。

リゾーツ・ワールド・マニラを運営するトラベラーズ・インターナショナル・ホテル・グループ(RWM)は、地場アライアンス・グローバル・グル―プ(AGI)とマレーシアのコングロマリット(複合企業)ゲンティン・グループを大株主に持つ。

参考記事:http://news.abs-cbn.com/business/03/23/18/alliance-global-says-unit-involved-in-planned-boracay-casino

 

2018年1月27日と1月28日にセブンシーズが主催となりジーコ元日本代表監督をブラジルからマニラへ招待し、サッカー教室等を含むイベントを開催しました。

今回フィリピンに来るのが初めてというジーコ氏は、空港からマカティ市のホテルまでの道中、街の発展ぶりに驚いた様子でした。

初日はマニラの観光名所であるイントラムロスを回ったり、屋内サッカー場で行われたCSRイベントに参加したりして、フィリピンについて知っていただく1日となりました。

翌日はメインイベントの子どもたちに向けたサッカー教室を開催。フィリピンナショナルチームやサッカークラブのコーチとともに約100人の子どもたちにサッカーを教えました。
日本メディアやフィリピンメディアも十数社集まり、300人を超える観客とともに大変盛り上がりのあるイベントとなりました。

ジーコ氏は「フィリピンには可能性がある」と述べており、今後もフィリピンサッカーを盛り上げるためにやる気を見せてくれました。

今回のイベントを通して、フィリピンの方たちに少しでもサッカーを広めることができ、サッカーの楽しさを子どもたちにも知ってもらうことができたのであれば非常にうれしい限りです。また、今後もフィリピンサッカーと日本のサッカーの架け橋として、こうした活動を継続して開催していければと思います。

今回のイベントでは、アグリナーチャーやプライメックス等のローカル企業に加えて、大塚製薬や三菱自動車、トヨタなどの日系企業もスポンサーとしてイベントに加わっていただきました。

 

フィリピンのオフィス物件について「Business World」にて興味深い記事がありましたので一部をご紹介いたします。

フィリピンのオフィス市場が今後6年間で40%成長見込み 
2018年2月20日

フィリピンのオフィス市場は、IT – BPM(情報技術 – ビジネスプロセスマネジメント)企業の継続的な拡大により、今後6年間で40%の成長が見込まれていると不動産サービス会社Leechiu Property Consultants(LPC)が発表した。

LPCが発表したデータによれば、2018年から2023年にかけて450万平方メートルのオフィススペースが供給される予定で、うち71%(320万㎡)はメトロマニラで供給予定で、29%(130万㎡)がその他の地域だ。

エグゼクティブオフィサーのDavid Leechiu氏は下記のように述べた。

「フィリピンに既に投資しているBPM企業は引き続き、メトロマニラ内のオフィスを使い続けるでしょう。また、今後はパンパンガ、カビテ、バタンガス、ラグナ、セブシティのような地方へも拡大する企業が増えていくことが予想されます。」

Photo of Manila’s financial district on June 3, 2012. — AFP

同国最大の不動産開発会社であるアヤラランド(ALI)は今後5年間で全体の21%を占める66万7000平方メートルを供給予定で、それに続いて、SM Development Corp.が15%(48万㎡)の供給を予定している。

その他不動産開発会社の内訳としては、フィルインベストランド(FLI)、メガワールド、ロビンソンズランドがそれぞれ11%、7%、5%を占めている。

また、メトロマニラ外に拡大を検討するIT-BPM企業にとって、セブが人気の選択肢になってきており、現在はセブ全体で45万㎡のオフィススペースが供給されている。

LPCによると、メトロマニラのオフィス供給は現在990万平方メートルとなっており、空室率は5.44%(約54万㎡)で、オフィス市場はこれからまだまだ伸びるであろうと予測している。

なお、空室となっているエリアはケソンシティ、オルティガス、パシグ、マンダルヨン地区に集中している。

 

参考記事:http://bworldonline.com/phl-office-market-grow-40-next-6-years-leechiu/

フィリピンの注目の賃貸物件情報を更新しました

フィリピンの中古・完成物件情報を更新しました。

プリセール物件一覧情報を更新しました。

オススメ物件情報に、アルカサウス地区でALVEOが手がけるプロジェクト「The Veranda」を追加しました。

フィリピンの中古・完成物件情報を更新しました。

表紙

本日発売のBig Tomorrow 8月号で「上級コース!海外不動産投資で資産を増やす!」という内容で、弊社のシュミレーションや弊社のお客様のインタビューを取り上げて頂きました。是非書店でご覧ください。

  • おすすめ物件
  • プリセール物件
  • 価格別
  • 1000万円未満
  • 1000万円~2000万円
  • 2000万円~3000万円
  • 3000万円以上
  • 大きさ別
  • 30m2未満
  • 30m2~50m2
  • 50m2~70m2
  • 70m2以上
  • 完成・中古物件
  • 価格別
  • 1000万円未満
  • 1000万円~2000万円
  • 2000万円~3000万円
  • 3000万円以上
  • 大きさ別
  • 30m2未満
  • 30m2~50m2
  • 50m2~70m2
  • 70m2以上
  • 賃貸物件
  • 価格別
  • 1000万円未満
  • 1000万円~2000万円
  • 2000万円~3000万円
  • 3000万円以上
  • 大きさ別
  • 30m2未満
  • 30m2~50m2
  • 50m2~70m2
  • 70m2以上
オフィス紹介 パートナー企業募集